トイレ詰まりへの賢い対処方法【修理業者への依頼が理想的】

メニュー

連絡先を調べておこう

女性

慌てずに止水詮を閉じよう

トイレは毎日何気なく使用していますが、突然故障するとその不便さがよくわかります。日頃からメンテナンスを行い、万が一の故障の際には、すぐに対応してくれる業者をあらかじめ探しておきましょう。トイレのトラブルで多いものに異物のつまりがあります。用を足しているときに便器の中に落としたり、トイレットペーパー以外のものを使用して配管内でつまりが生じることがあります。対処法はつまりを引き起こした異物の素材によって異なります。紙や布など比較的柔らかい素材は、配管のつまった箇所を器具を使って押し込むことで異物の形状が変わり、水の流れが戻る場合があります。異物が固いものの場合には、無理に押し込んでしまうと曲がりくねった配管内で取り出すことも難しい状況になってしまいます。トイレのトラブルを解決してくれる業者は、このような場合特殊ワイヤーを利用し、異物にたどり着くまで差し込んでいきます。その後、先端に付いているフックに引っかけて取り出してくれます。個人でつまりを解消しようとすると二次災害に繋がるので、業者が来るまで待ちましょう。業者へ連絡すると、止水詮を閉じるように指示があります。万が一慌ててトイレのレバーを引いても水が流れないので、これ以上の被害を拡大させないために声掛けをしてくれます。落としてしまった異物がわかっている場合には、あらかじめ業者へ伝えておくことで修理の仕方が想像でき、短時間で修復してくれます。万が一トイレが故障することを考えて準備しておくことが大切です。